ヒアルロン酸のメリットとデメリットをまとめました

もともとはニワトリのトサカから抽出され、高価なものとされていたヒアルロン酸ですが、今はバイオの技術で安く生産できるようになり、ハンドクリームやヘアケア製品にまで配合されるようになりました(天然のものでも合成品でもそのものの効能は変わりありません)。

 

優れている部分

ヒアルロン酸は、化粧品として肌に使った場合、肌表面の保湿としては非常にすぐれており、乾いた空気の中でも水分を逃しません。セラミドよりはかなり安価ですし、敏感肌の人でも使えますから、日常使いの保湿成分としてはとてもよいものです。とくに30代くらいまでの人の場合は、肌の油分よりも水分を増やすようにすべきですから、乳液などよりもヒアルロン酸配合のノンオイル(もしくは油分少なめ)の美容液を使うほうがよいでしょう。

 

ヒアルロン酸の欠点

ただし、あまりたくさん使うと肌がペタッとした感じになるということです。水分が多いので、夏場の湿気のお多いときのように、肌が湿った感じになり、うるおってなめらかになったというよりは、ペッタリと張り付く感じになります。これは、ヒアルロン酸がもともとは角質内には存在しないものだからといえるでしょう。真皮にはありますが、表面の角質にはないものですので、角質へのなじみがよくないのです。もともと角質にあるセラミドや天然保湿因子のほうが、どうしても人間のお肌にフィットします。ただしヒアルロン酸はすぐれた水分維持能力をもっていますから、保湿成分にはなくてはならないものです。要するに、どんな保湿成分でも一長一短なのですから、いろいろなものをとりあわせ、長所短所をうまくカバーしあうように絶妙にブレンドされたものが、すぐれた保湿化粧品なのです。なお、化粧品に含まれるヒアルロン酸は、真皮にまで浸透することはないので、加齢で減ったヒアルロン酸を増やす作用はありません。

 

セラミド化粧品の口コミ評判ランキングはこちらから