美肌に効く飲み物とは?

カフェイン入りの飲み物は、1日2杯までにする

「食事は肌と関係ありそうだから気をつけるけれども、飲み物には無頓着」という女性が結構いるようです。まず気をつけたいのが、カフェインの摂りすぎです。カフェインは、神経興奮物質ですから、摂りすぎれば当然弊害も出ます。とくに夜8時以降に摂ると、睡眠に影響しますので、寝ている間の肌の再生をさまたげます、そこで、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、ココアなどのカフェインを含む飲み物は、夜は避けて1日2杯くらいまでにとどめましょう。もうひとつ注意したいのが、疲労回復を目的とした栄養ドリンクです。疲れ気味のときや、風邪をひきそうなときなどに、元気を付けようと思って飲んでいる女性がときどきいます。栄養ドリンクの中身はブドウ糖によってすぐにエネルギーに変えて、カフェインによって目を覚ますので、元気が出たような気分になります。しかしあくまで、からだの休息にはなりませんので、本当の意味で披露を回復してくれているわけではなく、一種の錯覚です。カフェインはとりすぎると中毒になります。カフェインが切れたときにイライラや手の震えなどの禁断症状を起こすことがあります。アルコール中毒はニコチン中毒などと同じことです。常用しがちな栄養ドリンクですが、頻繁に飲むのは避けましょう。

 

肌の代謝を悪くするので水の飲み過ぎには注意を

また、冷たいものばかりを摂る女性も多いようです。コンビニが普及して、1年中ペットボトルの飲み物を持ち歩く習慣ができたためかもしれません。冷たい飲み物は、からだを中から冷やし、肌の代謝を低下させますので、夏でもなるべく避けるべきです。ところで、水分は1日にどのくらい摂ればよいのでしょう。現代人は水分を摂りすぎる傾向があります。喉が渇いてもいないのにお茶を飲んだり、手もとにいつもペットボトルを置いておいて、何となく口さみしいときに飲んでしまったり……。汗の量が人によって、また季節や運動量によってかなり違うので、1日に何リットルという基準はないですが、のどが乾いていないのに水分を摂るのは、お腹がすいていないのに食べるのと同様に、よくありあせん。
 飲んだ水は、大腸から吸収されて、腎臓から尿になって外に出ます。水を飲むと「からだの中が洗われるイメージがある」のかもしれませんが、余分に飲めば、そのぶん尿が増えるだけで、浄化作用のようなものはありません。人間は水道管ではないので、水で洗えるほど単純にできてはいません。胃腸や腎臓の機能にも限界があるので、水を処理しきれなくなり、胃腸をこわしたり、むくみを起こします。むくみから、当然肌の代謝は悪くなります。つまり、水は飲み過ぎると、美容に悪いのです。無害なイメージのある水ですが、摂りすぎはやはり有害です。のどが渇いたときだけ、温かいものをゆっくり飲むように心がけましょう。

 

冷たいものは避けて温かいハーブティーを

美肌のための正しい水やお茶の飲み方を考えてみましょう。おすすめは、カフェインを含まないハーブティーをコーヒーや紅茶のかわりに利用することです。ハーブティーは、芳香植物であるハーブを使って入れるお茶です。昔からヨーロッパでは薬草茶として清田しまれていきました。薬効や香り、風味を楽しみながら、生活にとり入れてみましょう。朝は、気分がすっきりするミントティーがおすすめ!冷え性の人はジンジャーティーもよいでしょう。昼は、食事のときに飲むお茶をなるべくホットにします。ハーブティーにするなら、消化によいミントを。イライラした気持ちをすっきりとリフレッシュする効果も期待できます。レストランなどで水をもらうときは、できれば氷抜きにしてもらいます。日中、のどが渇いたときも、熱いお茶を飲みましょう。紫外線対策が気になる人は、ビタミンCが豊富に含まれたローズヒップ、疲れ気味で免疫低下が心配なときはエキナセアのハーブティーがおすすめです。お風呂上がりには、できるだけ常温のものを飲みます。冷たいものをがぶ飲みするのはいけません。夜は、カモミールティーが眠気をさそうのでおすすめです。

 

飲みもので美肌をつくるコツがわかったら、セラミドを化粧品で補給しましょう。