シワの種類とセラミドの効果を解説

保湿成分だけで治るものと治らないものがあることを知っておく必要があります。以下の3種類に分かれるのです。

 

ちりめんジワ

目もとなどによくみられる浅く細かく、小ジワとも呼ばれます。乾燥が原因で起こるため、肌がうるおうことで回復します。

 

表情ジワ

顔の表情にあわせてできます。表情が戻れば、見えなくなりますが、年を重ねるにしたがって深くなります。

 

真皮のシワ

一般的にいわれるシワです。自分で意識するのは、これができてからがほとんどです。真皮にある線維が変質して弾力を失うことで、今までは元に戻っていたものが徐々に戻らずに深くなっていくのです。衣類でも、弾力のある繊維はシワになりませんが、麻のようなものの場合、座ったあとが残ります。皮膚もそれと同じです。

 

なぜ変質するのか?

大きな原因には紫外線と加齢があります。紫外線は、コラーゲン線維を硬く変質させます。また、40歳をすぎるころから、コラーゲン量が徐々に減少していきます。エラスチン線維も切れて、バラバラになっていくため、ネットワークがこわれて、皮膚のハリや弾力が失われていきます。そこで、真皮のシワができるのを遅らせるためには、早い時期(年齢)からの紫外線対策と、アンチエイジング(老化予防)が必要になります。

 

ちりめんジワが進行すると、真皮のしわになるか?

そう思っている人が多いのですが、それはありません。どんなに進行したところであくまで別物です。たとえば、子どもにもよく見られます。冬場など、ほうっておくと進行しますが、そのまま真皮のシワに移行して、しわくちゃの小学生になるということがありません。あくまで乾燥が原因なので、夏場になれば自然に戻ります。

 

化粧品のコラーゲン

保湿成分と考えてください。非常に肌なじみがよく、保湿成分としてはすぐれているのですが、残念ながら真皮のコラーゲンが減った分を補ってくれるものではありません。分子量が大きいため、真皮まで浸透はしないのです。分子量を小さくしたものなども開発されているようですが、たとえ浸透したとしても定着はしません。コラーゲン注射などで真皮にコラーゲンを注入しても自分のものでないためいずれは吸収されてなくなってしまいます。ましてや化粧品を定着させるなど、なおさら無理なことです。人のからだでは、自分のものでないタンパク質を異種として排除するようになっています。他人の臓器を移植すると拒絶反応が起こるのもこのためです。化粧品に使われているものは魚の骨や皮等から取ったものですが、同じ人間どうしでも移植は難しいのですから、これらが人体に定着して皮膚に定着するということは、とても考えにくいことです。

 

近年は、コラーゲンより人体に近い成分であるセラミドが注目されています。是非、この効果を知ってください。セラミドを使った化粧水のランキングも紹介しています。