うっかり油断しがちな普通肌を解説

皮脂線の活動が適度で皮脂分布が適量かつ肌の保湿状態が良好な、これといったトラブルの内状態のはだをいいます。よくノーマルスキンと云いますが、正常な肌といういみではなく皮脂と水分の場ラン図がとれた基礎体力が高めな肌であると理解してください。洗顔後、すぐに保湿をしなくてもツッパリ感なく肌の印象はキメが比較的細かく毛穴立ちもありません。これは皮脂と水Bン量が適度である証拠なのです。そのためテカリやカサツキもすくなくてニキビも出来にくい肌なのです。

 

なんの問題もないはだかと思いますが

普通肌=理想肌というわけではありません。トラブルのない肌に安心することなく、スキンケアで常に微調整してあげましょう。というのも、この肌質の人はトラブルが少ないがためお手入れがおざなりになり、年齢を重ねてから急に肌トラブルに悩むことが多い肌質のナンバーワンであるのです。

 

肌は季節や体調によっても変化します

基本的に普通肌の人は春夏はオイリーに、秋冬はドライになります。もちろん、もともとそういう傾向をもっている人よりは度合いは軽くなりますが、ノーマルスキンだからといって安心するのではなく季節に合わせてお手入れをしていく術を見つけていきましょう。特に保湿ケアは美肌の基本中の基本です。大切なお手入れなので手ぬかりなくお願いします。というのも普通肌の人が夏場にオイリーにか向いてしまうとテカリを気にするあまり、皮脂を取り去るケアは重点手的におこなうものの、保湿は忘れがてしまうということになりがちです。しかし、潤い不足は時に更なる皮脂をよびこんでしまうためオイリーに傾いてしまっている時も適度な保湿はキチンとこころがけましょう。

 

肌の基礎体力がたかいのでレベルアップも簡単です

普通肌は基礎体力が高いので他の肌タイプに比べてトラブルケアの必要があまりありません。とはいえ、ここで安心して手を抜いてしまうと年齢を重ねた時にシワやシミを鏡の中で見つけて愕然とするひともいるでしょう。そうならないためにも日々のスキンケアはもちろんのこと、もってうまれた肌を更に美しくレベルアップするためのお手入れを積極的に取り入れましょう。たとえば、マッサージやパック等のスペシャルケアは肌の基礎体力が高いだけに早く効果を感じることができるのが、このタイプの特長です。また、肌の基礎体力を低下させる、間違ったお手入れにはくれぐれも注意してください。特に過度な摩擦は肌を痛めてバリア機能を壊してしまうのでせっかくの肌体力が低下しかねません。気をつけましょう。お悩みの方はこちらをご覧ください