保湿美容液の選び方を解説

保湿美容液の効果を判断する時に心得ておきたいのは保湿の効果は塗った瞬間ではなく、時間がたった時の肌状態で判定するべきものということです。紙の色につけるワックス等も朝一度つけたら夕方まで崩れずにスタイルをキープできるかが鍵になりますね。それと同じで朝塗った保湿美容液が如何に夕方まで潤いをキープできるかが問題なのです。但し、その日の気温やどのような環境で過ごすかによって肌の乾燥具合は違ってきます。そのため保湿の効果を判断するのはなかなか難しいことです。

 

一番はっきりするのはハーフサイズテスト

顔の左右どちらか片側だけに保湿美容液をぬってみて半日たった時に塗らなかった方と比べてうるおいをキープできているかを判別します。1日だけやってみてもわかりにくいことがおおいので、できれば1週間から2週間ほど続けることをお勧めします。

 

セラミド化粧品の選び方

 

濃度が高い程良いのか?

濃度を知りたいという方は多いと思いますが、表示されていませんしメーカーも基本的には明かさないのです。見た目でねばねばとして粘度の高いモノは濃いイメージを与えますが、そうとは限りません。濃度だけでなく基列の問題もあり同じセラミド配合の美容液でも効果の表れ方が違います。そのため濃度が高い方が良いとは一概には言えません。サンプルを貰っても効果まではわかりづらいと思いますので本当のところはある程度使ってみなくてはわからないと思います。

 

ネバネバしている方が効くのか?

原液化粧品などがブームになったころから粘っこい化粧品が人気になりました。ネバネバしたものは濃いように見えるので効きそうな感じがするのでしょう。でも実際にはあまり関係がありません。増粘剤という粘り気を与える物質があり、それを加えると化粧品を粘っこくすることはいくらでもできるのです。料理に片栗粉やくず粉でとろみをつけるようなものです。ヒアルロン酸やセラミド等の保湿成分の場合は濃度を高めると粘り気が出ますが、そう見せるために増粘剤を加えてしまっている化粧品も実際はあり見分けるのは難しいのです。また、ビタミンなどの成分は濃くしても粘り気はでません。

 

1本で済む美容液は効果があるのか?

洗顔後はこれだけ着けておけば良いというワンステップの保湿美容液があり、お手軽さやお得感から人気があります。1本だけで良いということは肌に必要なものをすべて含んでいるパーフェクトなものというイメージも与えます。これらの保湿美容液は普通のと何が違うのでしょうか?実は科学的には特に違いはありません。1本使いについて賛否両論がありますがすべてワンステップにしても問題はないのです。

 

セラミド化粧品の口コミ評判ランキングをまとめました。ご覧ください。