セラミド化粧品が保湿に良い理由と選び方を解説

乾いた肌に水を与えるだけでは乾燥はおさまらない

肌には水分が大切だから化粧水はいちばん大事と考えがちですが、実はそのまま肌の水分にはなりません。私たちの肌の水分を守るために、もっとも活躍しているのは、角質細胞間脂質、なかでもセラミドです。これが年齢とともに減りそれに伴い肌の水分も減っていきます。そこで、セラミドを補うか、もしくはその代用になる保湿成分(ヒアルロン酸など)を補うのが、正しい保湿のお手入れになります。肌のうるおいイコール化粧水と思う人が多いようですが、化粧水の大半は水です。水の中には、これらの保湿成分はあまり配合できません。つまり、セラミドが減っている肌にいくら化粧水をつけても、時間がたてば蒸発してしまいます、水を与えても、それは単に「濡らして」いるだけで、保湿したことにはならないのです。髪の毛がパサついていたときに水で濡らしても、またすぐにパサついてしまうのと同じです。コットンで何度もパッティングしていると、逆に肌を傷めてしまうこともあります。また、肌が乾燥してあれているときに、「あまりいろいろつけたらいけないと思って、化粧水だけにしてました。という人もよくいますが、これも間違いです。化粧水だけでは、さらに肌が乾燥して悪循環を招きます。

 

手でつけていますか?コットンを使っていますか?

コットンは、どんなに上質のものを使っても、繊維の刺激で肌に小さな傷ができやすいものです、角質層が傷つけば、そこからの肌のうるおい成分が流れ出し、外界からの刺激は中に入ってきてしまいます。そして、肌は乾燥し、肌老化を招く原因となります。普段のスキンケアで、コットンを使う必要はありません。化粧水でも美容液、乳液でも、手でつければ充分です。手でつけるとムラになるとか、手が化粧品の栄養を吸うなどは俗説です。本当であれば手ですくった水も手の中に吸いとられてしまうはずです。しかし、水をすくうことができるのですから、手に化粧水などをとって肌にのせることに、全く問題はありません。

 

セラミドなどの保湿成分を含む乳液がお勧め

肌の水分はセラミドなどと結合することによって維持されていることが、わかってきたました。最近では、乳液にかわって美容液が使われるようになりました。近い将来、乳液はレトロ化粧品となるかもしれません。ただし、やはり使い慣れた感触が手放せないのか、乳液のファンもいるものです、そういう人たちには、セラミドなどの保湿成分配合の乳液を使う価値があるでしょう。

 

セラミドがたっぷりある肌は乾かない

「保湿成分が入っている美容液をつかっているけれど、肌の乾きが気になる」という人には、美容液をセラミド配合のタイプに変えてみることをおすすめします。これが奪われると肌の水分量は約80%も低下します。肌の水分を維持するために、もっとも重要であり、貢献しています。水には溶けませんが、水と結合してラメラ構造と呼ばれるサンドイッチ状の構造をつくります。これに組み込まれた水は、湿度が0%になっても蒸発しません。

 

飲むセラミドはお勧めしません

サプリメントは、小麦、大豆、米、こんにゃくなどからつくられています。最近では、魚などの食用にならずに廃棄される部分からセラミドを抽出する試みもされています。つまり、素になるものは、ごく身近な食べ物に含まれているわけです。普通に食事をしていれば、わざわざサプリで摂らなくても、不足はしていないということになります。

 

選び方

選び方には注意が必要です。本物ではなく、似た働きをするものという場合もあります。なぜこのようなものが多く出回るのかというと、ひとつには原価が高いことが挙げられます。化粧品の原料の中では比較的高価なものです。そのため、本物と似たような商品がどうしても出回るのは、ブランド品と同じです。購入する際には、よくわからなければメーカーに本当のセラミドかどうか問い合わせます。ある程度の濃度で入っているものを使えば(1?2%くらいが適量なのですが)、肌が乾燥することはまずなくなるはずです。ちなみに水には溶けませんので、化粧水のようなものにはほとんど入っていません。美容液かクリームによく配合されており、価格はどうしても3千円以上にはなるようです。

 

セラミド化粧品のランキングをこちらにまとめましたのでご覧ください