混合肌のミックススキン対策とは

顔の部位により違う肌タイプが混在するのが混合肌です。実は、混合肌のひとはみな、乾燥する部位やオイリーな部分が同じわけでなく、さらに細分化されます。特に多いのは鼻の周りやアゴ、おでこ、Tゾーンがオイリーで、目のまわりや口もとのOゾーンがドライというパターンです。自分で混合肌と自覚している人ももちろんいますが、人間には脂っぽさの方が印象に残るので、自分をオイリー肌だと思い込んでいる人が多いのです。これを自称オイリー肌の混合肌といいます。

 

最近の流行

さらに近年、増えているのが肌全体は脂っぽく大人ニキビができやすいのに、にきびができた部分はカサついているというオイリードライタイプの混合肌です。このタイプは肌のコンディションがころころ変わることで不安定になりがちな20代から30代の女性に多く、角質層の柔軟性が足らないため、お手入れにしゆおうする化粧品のなじみの悪いという現象が起きています。混合肌は両極端の肌状態を持っているため、基本的なお手入れに関しては、まず範囲の広い肌タイプに合わせたお手入れ方法として、範囲の広い肌タイプに合わせたお手入れをした後、気になる部位別にプラスアルファのお手入れを足すのがおすすめです。

 

パーツケアを取り入れましょう

たとえば、Tゾーン部分はテカるけれども、他は乾燥しがちという場合は、まず収れん化粧などで皮脂の多いTゾーンなどを先にパッティングしてから全体に保湿化粧水をプラス。皮脂がかなり気になる場合は洗顔の段階からTゾーンにのみ過剰皮脂に対応した洗顔量を使うと良いと思います。逆に脂っぽいものの、目の周りや口元がカサつく場合はさっぱりタイプの化粧水で整えた後、アイクリームなどの部分保湿アイテムで気になる部位をしっかりと保湿してあげましょう。

 

Tゾーンの毛穴が気にある場合は保湿が効果的

皮脂ケアはしているものの、保湿を忘れている場合人は多いのです。皮脂でぽっかりと広がった毛穴は乾燥していると、大きく目立ってしまいます。きちんと保湿して肌をふっくらと潤してあげることで、実は毛穴はある程度目立たなくすることができます。混合肌は部位によって肌タイプが異なるので、まずはしっかりと自分の肌を把握して、どの部分がどのタイプなのかを見極めることからお手入れをはじめしょう。

 

どんなタイプの混合肌にせよ基本は保湿です。セラミドをつかった化粧水が効果的ですからチェックしてください。