乾燥肌を保湿し体質改善してくれるセラミド化粧水

セラミドがたっぷりある肌は乾かない

保湿成分が入っている美容液をつかっているけれど、肌の乾きが気になるという人には、美容液をセラミド配合のタイプに変えてみることをおすすめします。角質細胞間脂質の一種でこれがなくなると肌の水分量は約80%も低下します。

 

美容液で補給する

ターンオーバーとともにつくられるもので、ターンオーバーの低下に伴ってセラミドも減ります。寝不足や肌の代謝が衰えることによって(年齢とともに)減っていきます。コレステロールのようなものからつくられますが、コレステロールを食事からとっても増えません。口から摂取しても効果がありませんので、配合コスメを肌に塗って浸透させます。とくに40代からは、水分だけでなく油分も低下しますので美容液の上からクリームなどを重ねることも必要でしょう。さらに、ピーリングや酵素洗顔のような角質ケアは、ターンオーバーを高めるため続けていけば少しずつセラミドを増やすことができます。ただし、カサカサとした肌がかゆみを伴う場合は、単なる乾燥でなく、アトピー性皮膚炎であることも考えられますので、早めに専門医に相談しましょう。

 

ラメラ構造とは

角質細胞間脂質は、水分を挟み込んでサンドイッチ状の構造をつくる性質があり、これをラメラ構造といいます。こうして、角質層の中に水分を閉じ込めているのです。

 

 

セラミド配合化粧品の選び方

たくさん出回っていますが選び方には注意が必要です。濃度が低すぎて効果があまり出ないものもあります。なぜこのようなものが多く出回るのかというと、ひとつには原価が高いことが挙げられます。化粧品の原料の中では比較的高価なものです。そのため、本物と似たような商品がどうしても出回るのは、ブランド品と同じです。購入する際には、よくわからなければメーカーに本物かどうか問い合わせます。ただし、濃度までは教えてくれませんので、あとは肌で試すことになります。本物がある程度の濃度で入っているものを使えば(1?2%くらいが適量なのですが)、肌が乾燥することはまずなくなるはずです。価格はどうしても3千円以上にはなるようです。

 

天然保湿因子

角質用の水分の約80%はセラミドによって守られていますが、残りの20%のうちの17?18%を天然保湿因子が、2?3%を皮脂が維持しています。つまり2番目に肌の水分維持に貢献しているということになります。英語でNatural Moisuturizing Factorといい、NMFと略されます。ターンオーバーの過程でNMFもつくられます。NMFはアミノ酸、尿素、ピロリドンカルボン酸(PCA)などの水溶性物質を含み、角質細胞の中で肌の水分を維持します。ただしその保湿力は湿度が下がると低下します。つまり、冬場の乾いた空気のなかではあまり活躍しないということです。利点は、肌なじみがよいということです。水溶性なので化粧水などによく配合されています。値段も安いので、あまり乾燥で悩んでいない人にはおすすめですが気になる人はやはりセラミドをつかったほうがよいでしょう。

 

こちらの配合化粧品のランキングを確認して選んでください。