乳液を選ぶコツを解説

化粧水と乳液はシャンプーとリンスのように、かつては必ずセットで売られていたものです。「水分のあとに、油分でフタ」という、古典的なスキンケアが主流だったころのことです。なぜ古典的かというと、肌の水分は、セラミドなどと結合することによって維持されていることが、わかってきたからです。そのため、最近では、乳液にかわって美容液が使われるようになりました。近い将来、乳液はレトロ化粧品となるかもしれません。ただし、やはり使い慣れた感触が手放せないのか、乳液のファンもいるものです、そういう人たちには、セラミドなどの保湿成分配合の乳液をおすすめします。美容液と乳液の中間のような、保湿成分をたっぷり含んだ乳液というものも最近は出ています。「油分でフタ」から一歩進んだ、新しいタイプの乳液ならば、使う価値はあるでしょう。

 

30代までは油分が少なめのタイプを選ぶ

乳液を使うときに、気をつけなくてはいけないのは、油分の与えすぎです。とくに、皮脂の分泌量が充分ある30代までは、必要以上に油分を与えすぎないように注意した方がよいので、乳液の中でも油分をあまり多く含まないものを選びましょう。特にTゾーンにはつけすぎないよう注意します。乳液をつけるときは、化粧水をつけるときと同じように指の腹を使い、やさしくなじませていきます。

 

鉱物油の害

乳液やクリームによく使用される鉱物油は、石油を精製して(不純物をのぞいて)つくられるオイルです。肌を保湿する働きがあり、化粧品の原料として使われています。皮膚科でもあつかっているワセリンも、鉱物油からつくられます。昔は純度の低いものもありましたが、今では純度が高く精製された油を使っているので、油焼けなどの心配もなく、安心して使えます。「鉱物油が肌に悪い」というのは間違いで、戦前の、質の悪い鉱物油のイメージが残っているものと思われます。

 

セラミドを含んだ乳液のあるシリーズも最近ではリリースされていますので是非チェックしてください。